ファイナンシャルプランナー「DVD」

(1)トップページ

(2)私がFPを目指した理由

(3)ファイナンシャルプランナーとは?

(4)FP資格の活かし方-1

(5)FP資格の活かし方-2

(6)AFP・CFP

(7)得意科目を作ろう

(8)AFP取得は通信講座で

(9)FPの勉強法

(10)CD・DVDを活用しよう!

企業系FP、独立系FP。それぞれの魅力があります。

このページでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格者は、資格をどのように活かしているのかお話ししてみます。
よく言われているのは、ファイナンシャルプランナーには、「企業系FP」と「独立系FP」の2つの働き方があるということです。しかし実際には、もっとたくさん分類できます。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の活かし方には奥行きがあるのです。そのことをちょっと覗いてみましょう。

●企業系FP

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格者の約8割は、企業系FPだといわれています。
企業系FPは、生命保険会社、損害保険会社、証券会社、銀行などの金融機関に勤務して業務を行っています。
いまこのサイトをご覧になっているみなさんでどうでしょう?学生のみなさん以外の方に、銀行のお話をしてもそれほど説得力はないかもしれません。すでに社会人のみなさんがこれからFPの資格を取得しても、銀行でそれを活かせるとはほぼ考えにくいからです。
しかしこれが生保・損保などの保険会社となると話は大きく変わります。一般的に保険会社は、正社員の中途採用にも積極的です。いまは保険会社も無数の金融商品を扱っていますし、お客様のニーズも多様化しています。顧客の立場で家計のやりくりや老後の人生設計のアドバイスに親身になれる方、そしてセールスに自信のある方でしたら、これからFPの資格を取り企業内で活躍するチャンスはたくさんあります。

●独立系FP

独立系FPは、中立・客観的な立場から顧客をサポートします。現実的に最も一般的なのは保険会社の代理店として活動する方法です。代理店といっても会社を設立する必要はありません。実際、開業資金ゼロ、自宅を事務所に手軽に始めることができますので、主婦の方にも成功している方がたくさんいます。私の活動スタイルの一部も、こうした保険の代理店セールスです。
しかし保険の代理店として活動するだけならFPの資格は必要ありません。独立系FPにとって、保険の案内はあくまでお客様とお付き合いを始める入り口に過ぎません。私たちはその先へ進みお客様のライフプランのお手伝いをします。
たとえば生命保険のアドバイスでは、お客様のご家族の構成や家計の状況など、デリケートな部分もなるべくお伺いしてお手伝いします。その契約者の方が十分安心できる保険を提案することはもちろんです。加えて保険の見直しをすることで、ご子息の進学が可能にしてあげられたり、なかにはマイホームの夢を叶えてあげられるケースも十分あるからです。

独立系FPは、保険や証券を販売して得られるコミッションやお客さまから寄せられる相談(コンサルタント料)を収入のベースにしています。保険代理店収入のみを頼りにするのでなく、ご満足いただける提案をして、如何にコンサルタントフィーで収益を上げられるかどうかが腕の見せどころです。

独学で2級FP技能士を取る方法