ファイナンシャルプランナー「DVD」

(1)トップページ

(2)私がFPを目指した理由

(3)ファイナンシャルプランナーとは?

(4)FP資格の活かし方-1

(5)FP資格の活かし方-2

(6)AFP・CFP

(7)得意科目を作ろう

(8)AFP取得は通信講座で

(9)FPの勉強法

(10)CD・DVDを活用しよう!

AFPの取得には、日本FP協会で試験を受けることが必要です

独立開業を目指す方はもちろんですが、会社員としてFPの資格を活かしたい方にも、資格取得に先立つアドバイスがあります。それは、「ファイナンシャルプランナーの資格は、日本FP協会での取得をお薦めします」、ということです。

FP技能士の資格試験を実施する機構には、日本FP協会のほかにもうひとつ、銀行員に取得者の多い金財((社)金融財政事情研究会)があります。
なぜFP試験を行う団体が2つあるのか、ここでは立ち入ったことは割愛します。なぜ日本FP協会を薦めるかといえば、それはFP技能士の資格に加え、FPの代名詞ともいえる「AFP」や「CFP」の認定資格を取得できるのは日本FP協会の組織だけだからです

ちなみに日本FP協会と金財の両方で取得できる「FP技能士」は国家資格です。一方のAFPは民間資格ではありますが、この資格は実務面での質を重視しているところがあり、そのためAFPも取得しているとお客様からの信頼度が非常に高くなるのです。

AFPの資格は、保険会社や証券会社の社員として働く場合にももちろん役立ちますが、会社の看板を持たない、つまり自分を看板に活動する独立系FPには、絶対といっていいほど欠かせません。ここのところはあまりむずかしく考えないで、素直に日本FP協会の試験を受けるようにしてください。

順序が逆になりましたが、金財のFP技能検定には、1、2、3級があります。日本FP協会の検定には3級はなく、2級と3級の2つだけです。そして2級FP技能士の試験に合格すると自動的にAFPの認定資格も取得できます。その理由は、日本FP協会のAFP資格の審査試験が、2級FP技能検定を兼ねているからです。

ちなみにFP技能検定の3級はあくまで入門編の感があり、職場などでの実務で役立つかといえばなかなかそうは言いにくいところがあります。実務に役立てるためには2級以上が、そして開業者となるのであれば「AFPの看板」も必要だというのが私の実感です。

日本FP協会の2級検定は、3級の資格を持っていない方でも受験できます。貴重な時間を節約するためにも、迷わず日本FP協会の制度を選んで前進してください。

独学で2級FP技能士を取る方法